ベストのお洗濯;グリーンショップ

「リネンケーブル編み;ベスト」
リネン100%

こちらの編み地は先染糸2色を撚って、一本の糸にして編んであります。本体は繊細なケーブル編み。前立てと裾はリブ編みをアレンジした、一一裏総針り(いちいちうらそうばり)という特殊な技法です。

なんだか難しい専門用語ですが、簡単に言うと、伸縮性のないリブ編みです。型崩れを防ぐために、編み始めの数段は糸本数を増やすなど、細部にわたるこだわりが安心の羽織りベストです。

 

<基本のお洗濯方法+ちょっとしたコツ>
リネン素材は毛羽立ちによる、光沢感の減少が気になることがあります。擦れに注意してお手入れをおこないましょう。

1.洗い前
念のため寸法を計ります。これはあとで形を整える際の目安になりますから、つぎのように確認しやすい部位を選んでください。
着丈・・・後中心から裾まで
身幅・・・後ろ身ごろ袖口底、脇から脇まで

IMG_3627

 

2.洗い
繊細な編み地です。手洗いでお願いします。
洗濯液は30℃以下のぬるま湯。
中性洗剤をお使いください。

IMG_3629


3.脱水

干しの工程で伸ばしたいので、手絞り+タオルドライ をおすすめします。洗濯機の場合は、脱水1分設定で強く回りはじめて10秒以内に止めてください。
*水が垂れる状態でも大丈夫です。

4.干す
厚みのあるスーツ用ハンガーにかけて干します。
*1で計った寸法を目安にお好みの寸法に伸ばして調整ください。

IMG_3635

 

6.仕上げ
本体は横方向に優しく伸ばして、編み地をリラックスさせます。
前立て、裾のリブ編み部分はスチームアイロンで整えて、
仕上げましょう。(軽く伸ばしながら行うのがポイントです)

 

<洗ってみての感想>
特徴のある編み地のせいか、洗剤液に浸した瞬間  “キュッ”  と詰まる感じがありました。また、編み物といえば “平干し”  のイメージですが、縮んだ状態で仕上がるため”ハンガー干し”  をおすすめします。

企画member:小西 希