ベストのお洗濯;グリーンショップ

「リネンケーブル編み;ベスト」
リネン100%

こちらの編み地は先染糸2色を撚って、一本の糸にして編んであります。本体は繊細なケーブル編み。前立てと裾はリブ編みをアレンジした、一一裏総針り(いちいちうらそうばり)という特殊な技法です。

なんだか難しい専門用語ですが、簡単に言うと、伸縮性のないリブ編みです。型崩れを防ぐために、編み始めの数段は糸本数を増やすなど、細部にわたるこだわりが安心の羽織りベストです。

 

<基本のお洗濯方法+ちょっとしたコツ>
リネン素材は毛羽立ちによる、光沢感の減少が気になることがあります。擦れに注意してお手入れをおこないましょう。

1.洗い前
念のため寸法を計ります。これはあとで形を整える際の目安になりますから、つぎのように確認しやすい部位を選んでください。
着丈・・・後中心から裾まで
身幅・・・後ろ身ごろ袖口底、脇から脇まで

IMG_3627

 

2.洗い
繊細な編み地です。手洗いでお願いします。
洗濯液は30℃以下のぬるま湯。
中性洗剤をお使いください。

IMG_3629


3.脱水

干しの工程で伸ばしたいので、手絞り+タオルドライ をおすすめします。洗濯機の場合は、脱水1分設定で強く回りはじめて10秒以内に止めてください。
*水が垂れる状態でも大丈夫です。

4.干す
厚みのあるスーツ用ハンガーにかけて干します。
*1で計った寸法を目安にお好みの寸法に伸ばして調整ください。

IMG_3635

 

6.仕上げ
本体は横方向に優しく伸ばして、編み地をリラックスさせます。
前立て、裾のリブ編み部分はスチームアイロンで整えて、
仕上げましょう。(軽く伸ばしながら行うのがポイントです)

 

<洗ってみての感想>
特徴のある編み地のせいか、洗剤液に浸した瞬間  “キュッ”  と詰まる感じがありました。また、編み物といえば “平干し”  のイメージですが、縮んだ状態で仕上がるため”ハンガー干し”  をおすすめします。

企画member:小西 希

プルオーバーのお洗濯;グリーンショップ&日々

「ニットプルオーバー;ウール100%」

ウール素材は〝縮絨″という縮ませる工程を経て仕上げますが、
このプルオーバーはその縮絨をごく軽くして風合い重視で仕上げてあります。
生糸に近いやわらかな肌触りをお楽しみください。

<基本のお洗濯方法+ちょっとしたコツ>
気をつけていただきたい温度と脱水時間。軽縮絨で仕上げた編み地ですから高温で揉むとフェルト化しますのでご注意ください。

1.洗い
温度は30度以下で洗剤液を作ります。強くこすったり揉んだりしないように手早く洗い上げ、ゆすぎは水またはごく低温で仕上げます。洗剤はウール用の泡が立たないものがお勧めです。

IMG_3290☆右上は「オレンジエックス」という洗剤です。香りと風合いがニットと絶妙な相性。お得意先の浅尾衣料品店さんのおすすめで購入して以来重宝しています。

続きを読む プルオーバーのお洗濯;グリーンショップ&日々

コートのお洗濯;グリーンショップ&日々

「コート;リネン56%・ウール44%」

このコートの織りは、ドビー織機で制作する
ヘリンボンの中でも、「やぶれ組織」というめずらしい織物で、
やわらかなふくらみとコシが特徴です。
使うほどに身体になじむ、バランスの良い落ち感もお楽しみください。

お洗濯は手洗いをお勧めします。
ポイントさえ覚えれば、シャツと変わらないくらい簡単にできますよ!

コートのお洗濯1

<基本のお洗濯方法+こだわりのポイント>
続きを読む コートのお洗濯;グリーンショップ&日々

シャツのお洗濯;グリーンショップ&日々

「シャツ ; リネン100%」

このシャツのリネン生地は、上質な糸を織ったものです。
丁寧にお手入れをしていただき、滑らかな美しい素材感をお楽しみください。
使い込んだころには、木綿のような肌触りに変わります、、、驚きの風合いです!

tearai

<基本のお洗濯方法+こだわりの方法>

続きを読む シャツのお洗濯;グリーンショップ&日々

干し方のコツ:リネンのシャツ

リネンの白いシャツ;

一番のポイントは〝着たい形に干す〟
おなじみの定番シャツですが私は衿を後ろで立てて、ボタンは第二ボタンまで開けて着るのが好みです。脱水も30秒ほどで、水を切った程度。あとは丁寧に手で形を整えます。

少しくらいのしわはリラックス気分、と考えるのはいかがでしょう?

IMG_2804

続きを読む 干し方のコツ:リネンのシャツ