五分袖・リネンシャツのお洗濯テスト

麻(リネン)100%

リネン素材は「仕上げ加工」の技術によって
年々、風合いがよくなってまいりました。
その加工方法とは、たたいたり揉んだり・・・
「使いこんで肌になじんだころ」をめざして創られる
きわめてシンプルなもの。

肌うつりが良いのは、リネン素材のうれしい特徴です。
そして、そのさりげない光沢で「お顔まわり」の印象が
変わることに気づいている方が増えてきました。
ぜひ「布のパワー」を見方につけてくださいね!

お洗濯方法・・・
水かぬるま湯で手洗いをしていただけます。
中性洗剤を使用してください。
ネットに入れて(弱水流)洗濯機も可
*タンブラー乾燥はお避け下さい。

テスト方法・・・
水で手洗いをおこないました。
手アイロンでしわを伸ばし、ハンガーに吊るし室内干し。
仕上げはスチームアイロンで仕上げました。
(白は脱水後、衿にスポンジでのり付けし、
ノーアイロンで仕上げています)

IMG_4170

寸法変化・・・・
・着丈
脱水後 +-0
アイロン仕上げ後 +-0
・バスト
脱水後 +4cm
乾燥後 -2cm
アイロン仕上げ後 +-0

IMG_4174
洗ってみての感想・・・
寸法変化はあまりなく、乾燥後ほぼ元のサイズに戻ります。
衿の糊付けは見た目の印象として「糊なし」の場合と
大きなちがいはありませんが、衿を立たせたりパリッとした
イメージも楽しいものです。ぜひお試しになってみてください。

お洗濯についてのアドバイス・・・
脱水後に縫い目のしわを伸ばしながら「手アイロン」で
仕上げて、そのまま着るのもこなれた感じで素敵。
*袖付け止まりは繊細な仕立てのため、やさしく扱ってください。

▼暮しの手帖のグリーンショップでお取り扱い中です
【五分袖のリネンシャツ】
http://www.greenshop.co.jp/SHOP/602-121.html

 

先染めバンブーリネン・アイテムのお洗濯テスト

「ワンピース」「ワンピースコート」
バンブー38%・麻62%

横糸にリネン(麻)、
縦糸にバンブー(竹の繊維を砕いてレーヨン化した素材)を
使って、浜松で織られた布です。
ナチュラルな表情でありながら、トロンとした風合いが
テキスタイル・デザインのテーマです。

見た目のパワーと、着た時にゆれるヘムライン。
そのギャップは新鮮な気づきになるかもしれません。

お洗濯方法・・・
水かぬるま湯で手洗いをしていただけます。
中性洗剤を使用してください。

テスト方法・・・
水で手洗いし仕上げ剤は使わない。
脱水は4分と10秒の2種類で試しました。
*仕上がりに差はありませんでした。
ハンガーに吊るし、縦横方向に伸ばして室内干し。
仕上げは蒸気アイロンを縦方向に「すーっ」と軽くかけました。

IMG_4146

寸法変化・・・
・着丈
脱水後 ー3cm
アイロン仕上げ後 +1cm
・バスト
脱水後 ー5cm
アイロン仕上げ後 +1cm

 

洗ってみての感想・・・
水を含むとズシッと重みを感じました。
また、風合いも濡れた状態で想像以上にかたくなります。
寸法変化が大きいのですが、乾くとほぼ戻ります。
シワが強く残るため、アイロンで仕上げていただきたいと思います。

IMG_4147

▼暮しの手帖のグリーンショップでお取り扱い中です
【バンブーリネンのワンピース】
http://www.greenshop.co.jp/SHOP/602-127.html
【バンブーリネンのワンピースコート】
http://www.greenshop.co.jp/SHOP/602-125.html

タートルプルオーバー のお手入れ;Green Shop

「 タートルプルオーバー 」
ウール 100%

 

・・・お洗濯のポイント・・・
細番手の糸でのフライス(リブ編み) ウール素材。
ドライクリーニングをおすすめ致しますが
経験上、自宅で手洗いも可能です。
洗濯水、すすぎ水、部屋の温度に十分注意します。

水温は水~30℃以下。
圧をかけすぎたり、強く揉むと
縮絨 ( 繊維同士がからまり、フェルト状に縮む現象。
寸法が縮み、風合いも硬くなります。) の原因になります。
水にくぐらせる様にやさしく手洗いします。

また、ウール素材は、洗い~干すまでの室温の変化でも
形状変化が起きることがわかりました。
できるだけ一定の室温でお手入れをします。

 

1.寸法を計る
念のため寸法を計り、メモをとります。
仕上げの時、形を整える目安になります。

着丈・・・後中心から裾まで
バスト・・・前身頃、袖底、脇から脇まで
裄丈・・・後ろ中心から肩先を通り袖口まで

WIN_20161116_12_14_39_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.洗い
温度は水~30℃。
中性洗剤で、軽く洗剤液を通す程度に洗います。

 

3.すすぎ
ご使用になる中性洗剤に合った方法で
洗いの時と同じ様に、水を通すイメージですすいでください。

 

4.脱水
手絞り~タオルでポンポンと軽く叩くように
タオルドライで脱水してください。

WIN_20161116_14_15_08_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.干す
形を整えて、もの干し竿にかける 又は 平干しで陰干しします。
衿、袖口、裾を軽くたたくように形を整えます。
1.でとった寸法を目安に整えておくと、仕上げがしやすいです。

 

6.アイロン仕上げ
スチームアイロンで仕上げます。
衿、袖口、裾が整っているとキレイに見えます。
この時、1.で計った寸法を目安に、おこのみの形状に仕上げます。

今回、手洗いをした時は、ほぼ縮みはみられませんでした。
(縦、横とも1%以内)

 

 

冬の必需品の タートルプルオーバー。
薄くて軽い着心地のあたたかさを、色々なシーンで実感してください。

 

 

企画member.   小西 希

 

◆新作が通販誌に掲載されました。

   http://hibi-komorihousei.com/test3/

 

やわらか ウールプルオーバー のお手入れ : et plus (エプリュ)

「 やわらかウールプルオーバー 」
毛 100%

 

・・・ お洗濯のポイント ・・・
やわらかく、軽やかな素材。
ドライクリーニングをおすすめ致しますが
経験上、自宅で手洗いも可能です。
洗濯水、すすぎ水の温度に十分注意します。

水温は水~30℃以下。
圧をかけすぎたり、強く揉むと
縮絨 ( 繊維同士がからまり、フェルト状に縮む現象。
寸法が縮み、風合いも硬くなります。) の原因になります。
水にくぐらせる様にやさしく手洗いします。

 

1.寸法を計る
念のため寸法を計り、メモをとります。
仕上げの時、形を整える目安になります。

※基本採寸箇所
着丈・・・後中心から裾まで
バスト・・・前身頃、袖底、脇から脇まで
裄丈・・・後ろ中心から肩先を通り袖口まで

DSCF3146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.洗い
水の温度は水~30℃。
できるだけ低い水温で、中性洗剤で、軽く洗剤液を通す程度に洗います。
このとき、強く押したり揉んだりしないよう気をつけます。

 

3.すすぎ
ご使用になる中性洗剤に合った方法で、やさしくすすぎます。
押してすすぐというより、洗いと同様に水を通すイメージです。

 

4.脱水
軽くしぼって、その後、タオルでポンポンと叩くように、タオルドライします。

 

DSCF3160

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.干す
形を整えて、もの干し竿にかける 又は 平干しで陰干しします。
衿ぐり、袖口、裾を軽くたたくように形を整え、
1.でとった寸法を目安に整えておくと、仕上げがしやすいです。
また、おこのみで、寸法を変えたい部分がありましたら
この時点で伸ばしておくと、形状を変化させることができます。

 

6.仕上げ
そのままで、十分きれいに仕上がりますが
おこのみで、スチームアイロンを少し浮かせた状態にして仕上げます。
衿ぐり、袖口、裾が整っているとキレイに見えます。
この時、1.で計った寸法を目安に、おこのみの形状に仕上げます。

今回、手洗いをした時は、ほぼ縮みはみられませんでした。
(縦、横とも1㎝以内)

 

日々 のロングセラーでもある、プルオーバー。
かさばらないので、シャツのインナーとしてもお使いいただけます。

やさしく、あたたかい やわらかウールプルオーバー。
たくさんのシーンでお楽しみください。

 

企画member.   小西 希

 

◆秋の新作が通販誌に掲載されました。
http://hibi-komorihousei.com/t/R2dors.1gx8c.html

 

リネンウール混ジャケット のお手入れ : et plus (エプリュ)

「 リネンウール混ジャケット 」
麻 51%  毛 44%  ナイロン 5%

 

・・・ お洗濯のポイント ・・・
リネンのさりげない光沢感と、ウールのしなやかさを併せ持った素材。
トラッドなヘリンボーン素材にウォッシュ加工をかけ、
きちんとした印象がありながら、こなれたリラックス感のあるジャケットです。

圧をかけすぎると、毛羽立ちや、縮み の原因になります。
水にくぐらせる様な感覚で、やさしくお手入れします。

 

1.洗い
水温は 水~30℃。
できるだけ、低い水温の中性洗剤で、軽く洗剤液を通す程度に洗います。

DSCF3177

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.すすぎ
ご使用になる中性洗剤に合った方法で、やさしくすすぎます。
水を通すイメージです。

 

3.脱水
ねじらず、軽くしぼる程度に脱水します。
その後、タオルでポンポンと軽く叩くように、タオルドライします。

洗濯機で1~2分設定での脱水も可能です。
2分以上洗濯機で脱水すると、毛羽立ちが目立つようになります。
ご注意ください。

 

4.干す
厚みのあるハンガーで形を整え、陰干しします。
衿、前端、袖口、ポケット口、裾を軽くひっぱるように形を整え、
生地全体も両手で軽くたたき、形を整えます。

DSCF3200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.仕上げ
スチームアイロンで仕上げます。
衿、前端、袖口、ポケット口、裾が整っているとキレイに見えます。
また、中温設定で当て布をしてアイロンをする方法も
すっきりとしわのないの仕上げになります。

アイロンをせず、そのままで着ても
素材の凹凸感、しわ感が、リラックスしたナチュラルな表情になります。

今回、手洗いをした時は、ほぼ縮みはみられませんでした。
(縦、横とも1㎝以内)

 

力が入りすぎない、リラックス感のある洗練された大人のジャケット。
きちんとしたシーンにも、ちょっとしたお買い物にも
丁寧なお手入れで、様々な場面で
リネンウール混ジャケット をお楽しみください。

 

企画member.   小西 希

 

◆秋の新作が通販誌に掲載されました。
http://hibi-komorihousei.com/t/R2dors.1gx8c.html