二重ガーゼのシャツ のお洗濯 : Green Shop

「 二重ガーゼ の シャツ 」
綿 100%

・・・ お洗濯のポイント ・・・
しっとりとやわらかく、落ち感があり、美しいドレープがでる
大人の為の上質なガーゼ素材。
水にくぐらせる様な感覚で、お手入れします。

 

1.洗い
水温は 水~30℃。
中性洗剤で、軽く洗剤液を通す程度に洗います。
ネットに入れて、洗濯機弱水流設定でも大丈夫です。
衿など汚れが気になる所は、ブラシで押し洗いするのがおすすめです。
強くこすらないように、気をつけます。

DSCF3086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.すすぎ
ご使用になる中性洗剤に合った方法で、やさしくすすぎます。

 

3.脱水
洗濯機でおこのみの設定時間で脱水します。
設定時間が短いほど、しわになりにくいです。

DSCF3118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しわを付けた状態で仕上げたい場合は、長めに脱水し
ラフに干すのがおすすめです。

DSCF3234

 

←しわのまま干して仕上げてみました。

 

 

 

 

 

4.干す
厚みのあるハンガーで形を整えて陰干しします。
衿、前端、カフス、裾を少しひっぱるように形を整え、
生地全体も、両手で挟むように、叩いておくと
仕上げがしやすいです。
また、後ろの衿を立てて着る場合、ここで、衿だけ糊付けすると
扱いやすいです。
シャープな気分で着たいシーンでおすすめです。

 

5.仕上げ
スチームアイロンで仕上げます。
衿、前端、カフス、裾が整っているとキレイに見えます。
中温設定でのアイロンでも、すっきりとしわのない仕上がりになります。
おこのみで、当て布をしてください。

 

アイロンをせず、そのままで着ても
素材の凹凸感、シワが、リラックスしたナチュラルな印象に。
後ろ衿をたてて、ボタンを外してVのあきをつくり、シャープな印象に。
仕上げ方次第で、別のテイストになります。

 

おこのみと、着ていかれる場所、気分で、
色々な 二重ガーゼのシャツ を お楽しみください。

 

企画member.   小西 希

 

◆秋の新作が通販誌に掲載されました。
http://hibi-komorihousei.com/t/R2dors.1gx8c.html

ワンピースのお洗濯:Green Shop

麻 の ワンピース

麻 62%     指定外繊維  バンブー  38%

 

お洗濯のポイント

水につけると、固く縮んだ印象になります。

寸法を事前にとり
お気に入りのワンピース  の
お洗濯をします。

濃色のため、最初の1~3回は
洗濯水、すすぎ水  が 濁ります。
淡色とのお洗濯は避け、単品洗いがおすすめです。

 

 

1 洗い前準備

寸法をはかります。

基本採寸箇所

身幅   マチ下 右脇~左脇
着丈   後中心 衿~裾

タテ、ヨコの基本寸法です。

他にも、お気に入りの箇所があれば

はかっておくと、仕上げの時 便利です。

WIN_20160607_14_56_05_Pro

 

2 洗う

中性洗剤で 押し洗いします。

元の風合いより、固く縮んだ 感覚に なりますが
干し方、仕上げ方でお手入れできます。

WIN_20160607_15_10_31_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 すすぐ

たっぷりの水で、2~3回すすぎます。
このとき、濃色のため、水が濁りますが、洗うたび、クリアになります。

WIN_20160607_15_54_19_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 脱水

洗濯機 2分 脱水設定 で、回します。

丁寧に仕上げたい方は、手絞り、タオルドライで脱水してください。

 

 

5 干す

厚みのあるハンガーで 陰干しです。
このとき、タオルを干す時のような感覚で
パンパンと肩を持ち 全体をのばします。

そのあと、縫い目のあるところを
ぎゅっと引っ張るように、のばします。

1 で採寸した、寸法を意識して
伸ばすと仕上げの時 楽です。

 

6 仕上げ

スチームアイロンで仕上げます。

あたり が でやすい生地です。

当て布をするか、
スチームアイロンを すこし 浮かせて仕上げます。

仕上げアイロンをせず、洗いざらしで
生地の凹凸感を楽しんでいただいても
素敵なワンピースです。

着るシーンや 気分で
色々な ‘ 麻のワンピース ’ をお楽しみください。

 

 

企画member        小西  希

プリントブラウスのお洗濯;エプリュ   

「 ラミー の プリント ブラウス 」
麻 100%

 

“ お洗濯 の ポイント ”

光沢感とハリ、発色の美しさが特徴の素材。
擦れや圧力で、毛羽立ちが起こってきますので
やさしく無理をかけないように
水を通すように、お洗濯します。

 

1.洗い

中性洗剤で、軽く水を通す程度に洗います。

WIN_20160607_12_52_25_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.すすぎ

たっぶりめな水で、1~2回水を通します。
押してすすぐというより、水を通すイメージです。

 

3.脱水

洗濯機で脱水1分設定で脱水します。

丁寧に仕上げたい方は
軽く絞る程度に、手絞りします。

水から引き上げた時に、スーッと水が落ち
ほとんど脱水できている状態になりますので
ほんの少し絞る程度です。

WIN_20160607_13_03_17_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4. 干す

厚みのあるハンガーで形を整えて
陰干しします。
衿、前端、カフス、裾を少しひっぱるように
形を整えると、仕上げがしやすいです。

しわを付けた状態で仕上げたい場合は
ここで形を整えずに、縦方向に絞り
しわのまま干すのがおすすめです。

WIN_20160607_13_29_02_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5. 仕上げ

スチームアイロンで仕上げます。
衿、前端、カフス、裾が整っているとキレイに見えます。

アイロンをせず、そのままで着ても
素材の凹凸感、シワで、手描のプリント柄に動きが出て
違った表情になります。

おこのみと、着ていかれる場所、気分で
色々な仕上げをお楽しみください。

 

 

企画member    小西 希

 

プリントプルオーバーのお洗濯;エプリュ 

「 麻ジャージ プリントプルオーバー 」
麻 100%

 

“ お洗濯 の ポイント ”

光沢感が特徴の素材です。
摩擦に気をつけて、やさしくお手入れがポイントです。
プリント部分は熱に弱いプリントですので
アイロンをかける場合はプリント部分は避けてください。

 

1.お洗濯準備

寸法をはかります。
仕上げの時の目安にできます。

 

 

WIN_20160610_10_20_59_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本採寸箇所
身幅 ・ 袖下 右脇~左脇
着丈 ・ 後ろの中心 衿~裾
タテ、ヨコのポイント寸法です。

他にも気にいっている寸法のところを、はかっておくと
仕上げの時、便利です。

2.洗う

中性洗剤でやさしく、おし洗いします。
汚れがひどいときは、ぬるま湯の中性洗剤液に10分程つけておいてから
洗うと、白さが保てます。

WIN_20160607_14_13_13_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.すすぎ

2回程度、水をかえてすすぎます。
たっぶりめの水で、やさしく、ゆらすようにすすぎます。

 

4.脱水

洗濯機で脱水2分程度にします。

丁寧に仕上げたい方は
手絞りでゆるく、弱めにしぼり脱水します。

WIN_20160607_14_17_27_Pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.干す

ハンガーにかけ、陰干しします。
衿ぐり、袖口、裾などの形をおこのみの寸法に整えます。

 

6.仕上げ

アイロンで仕上げます。
はじめに、はかった寸法を目安に
スチームアイロンをかけます。

熱に弱いプリントなので
プリント部分はアイロンが あたらないよう
十分に気を付けてください。

アイロンをせず、凹凸感のある仕上がりも
ナチュラルで素敵です。
着るシーンや、気分に合わせて
いろいろな仕上がりで、お楽しみください。

 

 

企画member   小西 希

ベストのお洗濯;グリーンショップ

「リネンケーブル編み;ベスト」
リネン100%

こちらの編み地は先染糸2色を撚って、一本の糸にして編んであります。本体は繊細なケーブル編み。前立てと裾はリブ編みをアレンジした、一一裏総針り(いちいちうらそうばり)という特殊な技法です。

なんだか難しい専門用語ですが、簡単に言うと、伸縮性のないリブ編みです。型崩れを防ぐために、編み始めの数段は糸本数を増やすなど、細部にわたるこだわりが安心の羽織りベストです。

 

<基本のお洗濯方法+ちょっとしたコツ>
リネン素材は毛羽立ちによる、光沢感の減少が気になることがあります。擦れに注意してお手入れをおこないましょう。

1.洗い前
念のため寸法を計ります。これはあとで形を整える際の目安になりますから、つぎのように確認しやすい部位を選んでください。
着丈・・・後中心から裾まで
身幅・・・後ろ身ごろ袖口底、脇から脇まで

IMG_3627

 

2.洗い
繊細な編み地です。手洗いでお願いします。
洗濯液は30℃以下のぬるま湯。
中性洗剤をお使いください。

IMG_3629


3.脱水

干しの工程で伸ばしたいので、手絞り+タオルドライ をおすすめします。洗濯機の場合は、脱水1分設定で強く回りはじめて10秒以内に止めてください。
*水が垂れる状態でも大丈夫です。

4.干す
厚みのあるスーツ用ハンガーにかけて干します。
*1で計った寸法を目安にお好みの寸法に伸ばして調整ください。

IMG_3635

 

6.仕上げ
本体は横方向に優しく伸ばして、編み地をリラックスさせます。
前立て、裾のリブ編み部分はスチームアイロンで整えて、
仕上げましょう。(軽く伸ばしながら行うのがポイントです)

 

<洗ってみての感想>
特徴のある編み地のせいか、洗剤液に浸した瞬間  “キュッ”  と詰まる感じがありました。また、編み物といえば “平干し”  のイメージですが、縮んだ状態で仕上がるため”ハンガー干し”  をおすすめします。

企画member:小西 希