コートのお洗濯;グリーンショップ&日々

「コート;リネン56%・ウール44%」

このコートの織りは、ドビー織機で制作する
ヘリンボンの中でも、「やぶれ組織」というめずらしい織物で、
やわらかなふくらみとコシが特徴です。
使うほどに身体になじむ、バランスの良い落ち感もお楽しみください。

お洗濯は手洗いをお勧めします。
ポイントさえ覚えれば、シャツと変わらないくらい簡単にできますよ!

コートのお洗濯1

<基本のお洗濯方法+こだわりのポイント>

1.前処理
織り目の間やタックの折り目に入り込んだ埃を、ブラシを使うか軽く振って落とします。

次に部分汚れをチェックします。袖口、衿他の汚れた部分を覚えておいて、洗剤液に浸けた後、軽く揉むかブラシを押し付けて落とします。あまり強くこすると生地が劣化しますので、ご注意ください。

コートのお洗濯2

2.洗剤は、蛍光剤・漂白剤をふくまない、
ドライか手洗い用(おしゃれ着洗いなど)の中性洗剤を使用する
(※ウール専用でなくても大丈夫です)
コートの気になる汚れは皮脂の影響ではなく、多くは埃やにおいなどお掃除に近い感覚です。なので洗剤液に浸し、軽く押すだけで十分です。

コートのお洗濯3

3.脱水は最小限で
乾いた時にできる〝しわ″の原因は、脱水の方法にあります。
手で押して絞る⇒きれいに畳んで大きめの洗濯ネットに入れて洗濯機に⇒10~30秒脱水

*時間は機種により異なりますが、干すときに水が垂れない程度に設定してください。
または、バスタオルでくるんで水分を取る。(この方法が一番お勧めです)

コートのお洗濯4

4.幅が厚いハンガーにかけて、陰干しする
今回使っているのは5センチ幅のハンガーです。
肩の型崩れ防止になりますから、できるだけ厚みのあるハンガーを使いましょう。
ハンガーにかけたら次は手アイロン。しわを伸ばし、縫い端を軽く伸ばして丁寧に形を整え、
ボタンをかけて陰干しまたは室内に干します。

この〝手アイロン″が上手くいったら、アイロンがけなしで
着ることができますよ!

5.補足
風合い仕上げについて。元からやわらかで程よいこしのある
バランスの取れた織物ですが、柔軟仕上げ剤とのりを使って、
お好みの風合いに仕上げるのも楽しみ方の一つです。
相反する柔軟とのり、2種類の配合によって出来上がる、
新しい風合いをお試しください。