ウールのギンガムシャツ

◇アイテムについて

素材はウール100%です。

糸に梳毛を使用しているため、薄く、軽く、しなやかな触り心地。
毛玉のできにくさもテスト済みです。
シンプルでボトムスとの相性が良いデザインは
自分だけのお気に入りシャツとして着てほしい1枚です。

◇ご自宅でお洗濯する際の方法

液温は40℃を限度とし手洗いができます
手洗いされる場合は中性洗剤をご利用ください
日陰のつり干しで自然乾燥
底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができます
*タンブラー乾燥はお避け下さい
*手洗い可能ですが、なめらかな風合いを保つためにドライクリーニングをおすすめします

◇お洗濯テスト

上記の条件をもとに寸法変化と風合いを確認するお洗濯テストを行いました
1.水温は30℃、中性洗剤を使用して押し洗い
2.すすぎ後、脱水機に30秒かける
3.手アイロンで軽くしわを伸ばす
4.室内干し
5.浮かせながらスチームアイロンをかける

IMG_0843

寸法変化
・バスト 脱水後-1.5cm 乾燥後-1cm  アイロン後-0.5cm
・着丈  脱水後-1cm  乾燥後+1.5cm アイロン後-1cm

風合い変化
洗いざらしでもほとんどシワになりませんでした。
乾燥後の収縮によりかたさが出たのでスチームアイロンで仕上げました。
もとのやわらかい肌ざわり、もとの寸法に近づきました。

*繰り返し水洗いを行っていくと水を含んだウール素材の「キューティクル」が開いて光沢感が損なわれてしまうことがあります。風合いを保つためにもドライクリーニングを推奨しております。

ウールのギンガムシャツは
▽暮しの手帖のグリーンショップでお取扱中です▽
https://www.greenshop.co.jp/SHOP/602-227.html

ウール混二重織りジャケット

◇アイテムについて
素材は綿69%ウール25%麻6%です。
太い綿を使っていて洗いっぱなしの仕上げなので、
軽くてふわふわした個性的でナチュラルな表情がでています。

◇ご自宅でお洗濯する際の方法

液温は40℃を限度とし、手洗いができます
中性洗剤のご使用をおすすめします
平干しで自然乾燥をおこなってください
アイロンの温度は150℃を限度とします
ドライクリーニング可能
*タンブラー乾燥禁止
*手洗い可能ですが、なめらかな風合いを保つために
ドライクリーニングをおすすめします

◇お洗濯テスト
上記の条件をもとに寸法変化と風合いを確認する
手洗いによるお洗濯テストを行いました。

1.水温は30℃、中性洗剤を使用して押し洗い
2.すすぎ後、脱水機に1分30秒かける
3.手アイロンで軽くしわを伸ばす
4.室内干し

寸法変化
バスト 脱水後+4.5cm 乾燥後+0.5cm
着丈  脱水後-1cm  乾燥後±0cm

風合い変化
毛羽立ちもなく、お洗濯前の状態に戻りました。

IMG_0852

ウール混二重織りジャケットは
▽ライトアップショッピングクラブでお取扱中です
https://www.lusc.jp/detail/?item=281732

ハマってしまう服、ありませんか? 2019.7.12


【大人のおしゃれのレッスン】

    日々 by.小森縫製

時々、「同じ服」ばかり着ているな、と気づくことがあります。

全く同じ素材で、同じ色、同じ形のそれは、人からはどのように見えるのでしょうか?

今日は、そのことについて考えてみたいと思います。

以前、いつも「同じ服」を着ることに 後ろめたさを感じる、という人から相談されたことがあります。
その人は、毎日上から下まで違う服を着なければいけないことを 大切な習慣としてきたようで、 「同じ服」に対して良い イメージを持っていませんでした。

その理由は、
「服を持っていないと思われたくない!」ということでした。

若い頃 、服にあまりお金をかけることができなかった時代を過ごしたというその女性は、 断捨離を考えるほどの服を持つ今でも その時の記憶に縛られて

毎日違う服を着なくてはならない、と 無意識に感じていたことがわかりました。

でも、私たちの周りを見渡した時に、知人や挨拶だけかわす人、毎朝同じ時間にすれ違う人が同じ服を 着ていたとしたら・・・

その服好きなんだろうな、とこだわりを感じるかもしれないし、

コーディネイトが素敵だったら 、「同じものをいろんなふうに着こなす」技に興味がわくかもしれません。
ということで今日のコーディネートは、 今週も、ですが ~

私が愛してやまない<コットンボイル・ヘリンボンやぶれ組織>
のパンツに3年目のコートワンピを合わせました。

IMG_6232
「いつもなんだか素敵な人」になるために

「からだがきれいに見える服」を選ぶことも大切にしてみてくださいね。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

小森縫製 代表 小森真寿美

………………………………………………………………

◇ご意見・ご質問はこちらからお聞かせください

info@hibi-komorihousei.com

………………………………………………………………

【大人のおしゃれのレッスン】     日々 by.小森縫製

本当に似合う服の選びかた&日常のコーディネイトなど

毎週金曜日に配信しています。

よろしければこちらからご登録ください。

https://hibi-komorihousei.com/mailmagazineform.html

(メルマガ解除はワンクリックで簡単にできます)

………………………………………………………………

〈発行元〉小森縫製有限会社
WEBサイト:http://hibi-komorihousei.com

〈発行者〉大人の日常服「日々」by 小森縫製
代表&大人スタイル研究家
小森真寿美

変化も成長も手に入る 身近な方法 2019.6.21

【大人のおしゃれのレッスン】

    日々 by.小森縫製
季節の変わり目によく聞く話ですが・・・

着るものがない、 何をどう合わせたら良いかわからない、
という人は多いですよね。

私もそう感じることがあるのですが 、その裏にある心理はというと、 実は・・・

・変化を感じたい
・成長したい

という、普段あまり意識することのない感情がそっと存在している場合があります。

だとすると「着るものがない」 というその気持ちは、

「何か新鮮に思えるものや、成長を感じることを探してみたら?」 というメッセージになりますね。

といっても、これまでやったことのないような大きな行動は必要ないんです。

小さな工夫で、十分変化を楽しむことはできます。

そのためのポイントは
身近なところから始めてみる、 ということ。

1.新しいメイク・アイテムや方法にチャレンジする

2.自分自身のヘアー・スタイリングを 思いのままに作れるように、 いつもの美容師さんから真剣に教わる

3.アクセサリーのサイズ、インナーや靴の色を 、これまでと全く異なるものにしてみる

これらは簡単に始めることができますし、
回数を重ねるほど 技術が向上して成長に繋がります。

そして、セルフイメージが変化してゆくことは、本当に楽しいことだと思います。

私はゆったり楽チンなワンピースを 「お出かけスタイル」に格上げ♪
に挑戦してみました。

IMG_6133-2 (1)

 

 

まずは、小さなことから始めてみるのはいかがでしょう?
今日もお読みいただきありがとうございました。

小森縫製 代表 小森真寿美

………………………………………………………………

◇ご意見・ご質問はこちらからお聞かせください

info@hibi-komorihousei.com

………………………………………………………………

【大人のおしゃれのレッスン】     日々 by.小森縫製

本当に似合う服の選びかた&日常のコーディネイトなど

毎週金曜日に配信しています。

よろしければこちらからご登録ください。

https://hibi-komorihousei.com/mailmagazineform.html

(メルマガ解除はワンクリックで簡単にできます)

………………………………………………………………

〈発行元〉小森縫製有限会社
WEBサイト:http://hibi-komorihousei.com

〈発行者〉大人の日常服「日々」by 小森縫製
代表&大人スタイル研究家
小森真寿美

体がきれいに見える「色」 2019.4.19

【大人のおしゃれのレッスン】
    日々 by.小森縫製

山口県下関市から「バイヤーさんのおすすめコーディネイト」が届きました。

下関も暖かな日が増えてきて
来店されるみなさんは「きれいな色」に関心が高まっているようです。

私たちも新色の服ができあがると、色のパワーにはいつも驚かされるのですが、
シンプルなデザインも「色の力」で服の魅力が高まるだけではなく、着る人の印象もぐっと変わるのを感じます。

今日は、デザイン・ギャラリー卑弥呼/下関大丸店さんから届いた画像、
「バイヤーさんのおすすめコーディネイト」 で使われている
「日々」の新色について、 その理由をお伝えしたいと思います。

image20190419_01

①体がきれいに見える「色」

まず大人の女性の肌がきれいに見えるところを 、色相・彩度・濃度を微調整しながら探します。

そしていろいろな色を並べて、
その中から私たちが「ステキ」と認めた色が選ばれます。

②「きれいな色」が長持ちする工夫

今回のコーディネイトに使われているのは、すべて綿素材です。

木綿はもともと生成り色なので、うまく調合すれば そのまま色を染めることはできるのですが、
使っているうちにくすみが出てきたりしてして、 嬉しくないさまざまな変化が起こります。

そこで日々の服は、自然な色の変化を届けたくて
染める前に「晒し」という工程を入れています。
先々まで、きれいな色を楽しめるように作られていますので、
どうぞ安心して着てくださいね。
新色ができた瞬間をご覧ください。

IMG_5225+(1) (1)

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

小森縫製 代表 小森真寿美

………………………………………………………………

◇ご意見・ご質問はこちらからお聞かせください

info@hibi-komorihousei.com

………………………………………………………………

【大人のおしゃれのレッスン】     日々 by.小森縫製

本当に似合う服の選びかた&日常のコーディネイトなど

毎週金曜日に配信しています。

よろしければこちらからご登録ください。

https://hibi-komorihousei.com/mailmagazineform.html

(メルマガ解除はワンクリックで簡単にできます)

………………………………………………………………

〈発行元〉小森縫製有限会社
WEBサイト:http://hibi-komorihousei.com

〈発行者〉大人の日常服「日々」by 小森縫製
代表&大人スタイル研究家
小森真寿美